HANAPOTA blog

はなぽた』のブログへようこそ!
ゲームの話や日々興味のあることを書き連ねています。
ハリポタ7巻完全ネタバレしておりますので、ご注意ください。

2008年03月27日

Cocco「きらきら Live Tour 2007/2008 ~Final at 日本武道館 2Days~」の感想

DEEP DIVE ― Cocco
↑Amazonの紹介記事

coccoきらきら.jpg
Cocco「きらきら Live Tour 2007/2008 ~Final at 日本武道館 2Days~」

のDVD買いました!

もうもうもう!すっごいいいです!!(興奮)
きらきら』の初回限定版を買って、はまりまくり聴きまくっていたので、そんなわたしの胸わしづかみでした。
私は、Coccoのアルバムでは『ブーゲンビリア』一番好きだったのですが、『きらきら』がNo.1になりました。
Coccoって、ほんとにライブで化ける人です。今にも折れそうな細い体からつむぎ出される美しい伸びやかな歌声は圧巻。全身から発散される迫力にぐいぐい引き込まれていきます。特に『ジュゴンの見える丘』『チョッチョイ子守唄』は素晴らしかった。。あと、『四月馬鹿』『花うた』もかわいかったなぁ。いや、全部全部良かったです。
MCも面白いし、感動的。なんか泣けますよ。

Coccoはなんだか怖くて苦手、という人もアルバム『きらきら』は大丈夫だと思いますよ。良い意味で万人受けする曲ばかりです。
『ブーゲンビリア』のころの何か切迫したようなピーンと張りつめたような感じも好きでしたが、現在の長い暗いトンネルを抜けたような、固い殻を破ったような、希望の光に満ち溢れた明るいやわらかいCoccoはもっと好きです。
やはり、母になり精神的にも強くなったのでしょうね。
このライブの中で
「若かりし頃は、愛を求めてけっとばしてぶっ壊してきたけど、今は、愛をあげられる大人になりたい」みたいなことを言っていたのが非常に印象的でした。

posted by はなっぺ
| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。