HANAPOTA blog

はなぽた』のブログへようこそ!
ゲームの話や日々興味のあることを書き連ねています。
ハリポタ7巻完全ネタバレしておりますので、ご注意ください。

2007年08月25日

ハリポタロンハー愛のメモリー1巻〜3巻

ハリー・ポッター最終巻を読み終わり、一気にロンハー熱がヒートアップしておさまりそうもないので、ロンハーまとめを自分のために綴ろうと思います。
まずは前編1巻〜3巻までです。

1ハリー・ポッターと賢者の石 US版 日本語版からセリフなど抜粋。

★ロンハーの出会い
6章:
ホグワーツ行きの汽車の中で、はじめてロンとハーマイオニーは出会います。
威張ったようなしゃべり方をする鼻持ちならない女の子。「どの寮でもいいけど、あの子のいないとこがいいな」なんて言ってます。
これが将来、ハーちゃんにめろめロンになるとは、この頃は全く思いもつかなかったでしょうね。
そして、映画でも出てきたセリフ。
'And you've got dirt on your nose, by the way, did you know?'
「ついでだけど、あなたの鼻、泥がついてるわよ。気がついてた?」
ハーちゃんのツッコミ人生開幕!!
7章:
ハーマイオニーがグリフィンドールに選ばれた瞬間、呻くロン(笑)。嫌い嫌いも好きのうち♪
10章:
「彼女は悪夢だ」なんて言って、ハーちゃんを泣かせちゃうロン。この頃までは、ほんとーに仲が悪かったですよね。ロンはいちいちハーマイオニーにつっかかるんですよね。気になってる証拠です♪
でも、“Wingardium Leviosa!”で、トロールからハーマイオニー救出!ついにハリロンハー3人組の結成です!!

★ロンハー漫才ピックアップ。
13章:
「試合に出ちゃだめよ」
「病気だって言えよ」
「足を折ったことにすれば」
「いっそ本当に折ってしまえ」
------
「ちょっと軽い読書をしようと思って、ずいぶん前に借りていたの」
「軽い?」
ハーちゃん、見つけるまで黙っててと言い、すさまじい勢いでページをめくる。
「これだわ!これよ!」
「もうしゃべってもいいのかな?」
------
16章:
ロン、ハーの声色をまねる。
「あぁ、フリットウィック先生。私、14bの答えを間違えてしまったみたいで、とっても心配なんですけど・・・」
'Oh, shut up,'
------
16章:
「私、知ってる・・・これ、『悪魔の罠』だわ!」
「あぁ。なんて名前か知ってるなんて、大いに助かるよ」
「黙ってて!」
------
1巻からすでに、二人の会話の小気味好いこと!ロンの天性のお笑い気質とハーちゃんの生真面目さが見事にマッチして、余計に面白くさせてますね。
16章のハーちゃんのモノマネ!7巻でパーセルタングを見事使ってみせたロニィの前身がここに!!

そして・・・あの7巻32章につながる名シーンexclamation×2
16章:
'So light a fire!' Harry choked.
'Yes - of course - but there's no wood!' Hermione cried, wringing her hands.
'HAVE YOU GONE MAD?' Ron bellowed.
'ARE YOU A WITCH OR NOT?'
7巻32章:
“How―how’re we going to get in?” panted Ron. “I can―see the place―if we just had―Crookshanks again―”
“Crookshanks?” wheezed Hermione, bent double, clutching her chest.
Are you a wizard, or what?
“Oh―right―yeah―”
Ron looked around, then directed his wand at a twig on the ground and said “Wingardium Leviosa!”
-------
・・・じーーん(感動に浸っている)。。
11歳のときロンに言われたことを17歳でそっくりそのまま返すハーちゃんのねちっこさに感動。いやいやそうじゃなくて、7巻を読んでから1巻のこの場面を読み返すと、このたった何行かにロンハーの歴史が凝縮されていることに気づき感動したんですよ。
ロンがはじめてハーマイオニーを助けた呪文 Wingardium Leviosaを、7巻の暴れ柳のシーンで使ってるとこもいいですよね。ローリングさんも粋なことしてくれます♪

2ハリー・ポッターと秘密の部屋 US版 日本語版からセリフなど抜粋。

ロンハー漫才が日常化し、これからの定番になってくる『Mudblood』発言に怒るロンがはじめて登場するのが2巻ですね。

★ハーちゃん侮辱に怒るロン
7章:
ドラコの『穢れた血』発言に怒り呪文を放つも、逆噴射しちゃってナメクジを吐くはめになるロン。ハグリッドのところでも、まだまだ怒りおさまらず、ナメクジ吐きながら罵り続ける。
12章:
クラッブとゴイルに変身したハリーとロン。ドラコの「穢れた血が一人死んだ。次はグレンジャーだといいのに」発言に、またもロン怒り、クラッブの巨大な拳を握りしめる。
15章:
ハーマイオニー石化後のスネイプの授業。ドラコのハーマイオニー侮辱発言。
ロン、勢いよく立ち上がり、ドラコのもとへ行こうとするが、ハリー達に止められる。
"I don't care, I don't need my wand, I'm going to kill him with my bare hands -"

7章のハグリッドの小屋で、Mudbloodがいかに酷い悪口かを説明し、「他人のことをそんなふうにののしるなんてむかつく」と、ロンは言っていました。でも、そういう倫理的な問題だけではないですよね。
15章で、ドラコの「グレンジャーじゃないのは残念だ」という言葉を聞いた瞬間、怒りと爆発させたロン。そう、”ハーマイオニーを侮辱すること”が絶対許せないんですよね。ハーマイオニーのこととなると途端にムキになる、定番ロンのはじまりだ!

★おなじみロンハー漫才ピックアップ♪
10章:
ロックハートにサインしてもらった許可証を離そうとしないハーマイオニー。
「やめろよ」ロンが、ハーの腕からむしり取り、マダム・ピンスに渡す。
「サインならまたもらってやるよ。ロックハートときたら、サインする間だけ動かないでじっとしてる物なら、なんにでもサインするんだから」
10章:
ポリジュースが出来上がるまでに、1ヶ月はかかると説明するハーマイオニー。
「一ヶ月も?マルフォイはその間に学校中のマグル生まれの半分を襲ってしまうよ!」
しかし、ハーマイオニーの目がまた吊り上って険悪になってきたので、ロンは慌ててつけ足した。
「でも、今のとこ、それがベストの計画だな。全速前進だ」
13章:
ハーマイオニーのお見舞いに来たハリーとロン。枕からはみ出ているカードをハリーに指摘され隠そうとするハーちゃん。すかさずロンがカードを引っ張りだし大声で読み上げる。
ロンはあきれ果ててハーちゃんに言う。
「こんなもの、枕の下に入れて寝ているのか?」
医務室を出たあと、ロンはロックハートの悪口を言い、ハリーに同意を求める。
13章:
ロックハートがバレンタインカードをくれた46人に感謝をこめて、キューピッドの扮装をさせた小人にカードを配らせる。
授業に向かいながら、ロンはハーに聞く。
「ハーマイオニー、頼むよ。まさかその四十六人に入ってないだろうな」
ハーちゃんは急に、時間割はどこかしらと、鞄を夢中で探しはじめ答えない。
14章:
ハー「ハリー、わたしたった今、思いついたことがあるの!図書館に行かなくちゃ!」
ハリー「何をいったい思いついたんだろう」
ロン「計り知れないね」
ハリー「だけどどうして図書館なんかに行かなくちゃならないんだろう?」
ロン「ハーマイオニー流のやり方だよ。」肩をすくめ、しょうがないだろポーズ。「何はともあれ、まず図書館ってわけさ」

ロックハートにお熱のハーちゃんに対するロンの態度には、4巻のやきもち爆発ロンの片鱗が見え隠れしてますね。
10章のロンは、7巻で必死にハーマイオニーのご機嫌とりにいそしむロンを思い起こさせ、ニヤリとしてしまいました。
14章のセリフ、英語では、'Because that's what Hermione does,' said Ron, shrugging. 'When in doubt, go to the library.' だったのですが、松岡さんの日本語訳がロンにぴったりで、すごく感心しました。

★ハーちゃん石化でショック受けるロン
14章:
医務室のベッドに横たわる女生徒を見てロンは呻く。「ハーマイオニー!」
15章:
Ron read the message, swallowed hard and looked sideways at the empty seat usually filled by Hermione. The sight seemed to stiffen his resolve, and he nodded.
ぽっかり空いたハーマイオニーがいつも座っていた席を見て、決心を固めるロン!男だね!
16章:
マクゴナガルに嘘をつき、医務室に入るハリーとロン。
ロンはハーマイオニーの顔を悲しげに見つめるが、ハリーはハーの顔ではなく右手に興味を持つ。
今やらなければならないことを冷静にやるハリーに対し、ついつい情に流されちゃうロン(特にハーのこととなると)。この頃から既に、二人の特徴がよく現れてますね。
18章:
「バジリスクの犠牲者たちが、今にも目を覚ますじゃろう」と、ダンブルドアは説明する。
'So Hermione's OK!' said Ron brightly.
ロン、良かったね!真っ先にハーマイオニーの無事を喜ぶとこが、ロンハー的には嬉しいじゃないですか。こういうふうに素直に感情を表すロンがかわいくて仕方ないです。

3ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 US版 日本語版からセリフなど抜粋。

3巻は1章からロンハーがあるんですよ!気付いてました?
ハリーの誕生日に届いたハーマイオニーの手紙には、
”ロンがね。。ロンが言ったんだけど。。ロンたら。。。うんぬん”
追伸までロンの事ばっかり。ムフ。(ちなみにイラストも描いてます)
7章:
たくさんの教科を取り、やたら忙しそうにしているハーマイオニーを怪訝に思うロン。
「ハーマイオニーって、なんか僕たちに隠してると思わないか?」
これのどこがロンハー?と思いましたね、そこのあなた!
ハーマイオニーのちょっとした変化も見逃さないとこが、私的にはロンハーなのです!無意識にハーちゃんの行動を目で追ってるんですよ、きっと。
7章:
ルーピン先生の授業後のロンハー漫才。
「ほんといい先生だわ。だけど、私もボガートに当たりたかったわ」
「君なら何になったのかなぁ?」ロンがからかうように笑う。
「成績かな。十点満点で九点しか取れなかった宿題とか?」
ナイスロン!実際、ハーちゃんのボガートは、全科目落第とマクゴナガル先生に告げられたことでしたね。ロンは、ハーマイオニーのことを理解しすぎてます!
8章:
黄昏時、ロンとハーマイオニーは談話室に着いたばかりで、寒風に頬を染め、人生最高の楽しいときを過ごしてきたかのような顔をしていた。
ロンハー初デート♪
9章:
「まったく。『ホグワーツの歴史』を読もうと思ったことがあるのは私一人だけだっていうの?」
'Probably,' said Ron. 'Why?'
「たぶんそうだろ」ロンが言う。「どうしてそんなこと聞くんだ」
必ずハーマイオニーの言葉を拾って、面白いツッコミをくれるロニィ。
9章:
ハーちゃんが、狼人間についての質問にちゃんと答えたにもかかわらず、スネイプに減点され、ロン怒る。
「先生はクラスに質問を出したじゃないか。ハーマイオニーが答えを知ってたんだ!答えてほしくないんなら、なんで質問したんだ?」
ハーちゃんを泣かせる奴はスネイプでも許さない!って感じですね。こういう風に必ずロンは、ハーマイオニーをかばってくれるんですよね。

15章:そして。。。いよいよあのロンハー名場面揺れるハート
バックビークが処刑されることに決まったというハグリッドからの手紙を見せるハーマイオニー。控訴しても望みはないと思うと言いながら、涙を拭う。
'Yeah, it will,' said Ron fiercely. 'You won't have to do all the work alone this time, Hermione. I'll help.'
'Oh, Ron!'
Hermione flung her arms around Ron's neck and broke down completely. Ron, looking quite terrified, patted her very awkwardly on the top of the head. Finally, Hermione drew away.
'Ron, I'm really, really sorry about Scabbers...' she sobbed.
'Oh - well - he was old,' said Ron, looking thoroughly relieved that she had let go of him. 'And he was a bit useless. You never know, Mum and Dad might get me an owl now.'
------
こんな名場面を映画では思いっきりカットしてくれたので、自分で描きました
常に自分をかばってくれて、味方をしてくれる頼もしいロン!
確実にハーマイオニーは、ここでロンに惚れましたね!きっと!

15章:
ハグリッドを侮辱したドラコを、あらんかぎりの力をこめてぶん殴るハーマイオニー!
オロオロとハーちゃんを押さえようとするロンに'Get off, Ron!'と叫ぶハーちゃん、かっこよかったですよね。16章では、トレローニーの授業をボイコットするし、ハーマイオニーがだんだん大胆になってきてますね。 ロンも、心底驚き感嘆してます。
きっとここでハーマイオニーにときめいてしまったに違いない!
15章:
ハーマイオニーを心配するロンをピックアップ。
「ハーマイオニーはどこ行ったんだろ」
「ハーマイオニーも『元気が出る呪文』が必要だったのに」
「マルフォイがハーマイオニーになんかしたんじゃないだろうな?」
「君はパンク状態なんだ。あんまりいろんなことをやろうとして」
5巻でも、ロンはOWL試験でピリピリしてるハーマイオニーを心配してましたが、3巻からすでにそうだったのね。観察してるつもりはないんだろうけど、無意識にハーマイオニーを目で追ってしまうのでしょうね。ウシシ。
22章:
「君が僕たちにもそのことを言わなかったなんて、いまだに信じられないよ」ロンが膨れっ面をした。「僕たち、君の友達じゃないか」
タイムターナーのことを自分達に打ち明けてくれなかったことにすねてるロニィがかわいい!

わたしは、4巻のYule Ballでロンハーに気付いた、非常に鈍い人間なのですが、こうして1巻から3巻を読み返してみると、典型的ロンハーがそこかしこに散らばっていますね!
ハーマイオニーのことがやたら気になって仕方がないロン。
ハーちゃんを侮辱されると、どうしても怒りをおさえられないロン。
いつもはからかってばかりなのに、いざというときは必ずかばって味方をしてくれるロン。
やっぱり、ロンハー最高だ!
ロンハーまとめ中編、後編は、またあとでアップします。

ちなみに、3巻で一番好きな場面は15章のThe Quidditch Finalです。わたし、オリバー・ウッドがとても好きなんです。ポッ。
3巻19章のシリウス名場面
3巻22章のルーピン先生との別れ
も好きです。

この記事へのコメント
エピローグまでの感想もしっかり読ませていただきました。お疲れ様でした。
そして、ひそかに(?)待っていた、ロンハーまとめ、、、1巻からとは、びっくりしました。無理をなさらないようにしてくださいね。
私は、今、1巻から読み返そうと、UK版1巻と日本語版1巻を並べて、パラパラやっているところです。で、、ロンの物真似の場面を発見して、喜んでいました。日本語版16章P394の最後の3行。ハーマイオニーの声色を真似ていました。この頃から、得意だったんですね。さらに、ハーマイオニーの声だし。。
では、中編、後編も楽しみにしています。

Posted by miya at 2007年08月25日 23:52
ロンハーまとめ、ありがとうございます!私は一巻から「こりゃくっつくんじゃねぇか!?!?」(笑 と勝手に考えてました。理由は・・・くっつくと思ったから。(理由じゃないし笑)でも、二巻を読んだらロンハー確定ですよね!はなっぺさんが上にもまとめている通り!まさに「ハー命!!!」みたいなことがチラチラ書いてありますもんね!
二巻で自分の適当なカップリング予想が合っている(あっていてほしい)と確信したんですよね。。。(ちょい狂。。。)
なんか自分の思い出を長々と書いてすみません。。。中編・後編でもまたロンハー名シーン(笑)を楽しみにしてます!!!
Posted by キング at 2007年08月26日 00:12
早くもロンハーまとめ公開ですね!!とっても楽しみにしてました。まさか1巻からとは!7巻総括かと思ってました。
色々、懐かしいです!やはりロンハーは1巻からロンハーしてたんですね。
私がロンはハーちゃんの事が好きなのかもって思ったのは2巻位。でもハーちゃん、ロックハート先生に夢中だったり“セドリックはカッコいいわ(でしたっけ?)”って言ったり結構面食いでヤキモキしてましたよ。
3巻の最初のハーちゃんの手紙、確かにロン、ロンばっかりですね!はなっぺさん、さすが目の付け所が違います!
7巻で初めて原書を読んだのですが、これからゆっくり全巻原書(もう買い込み始めました。)で読んでみようと思います。はなっぺさんの影響でロンハー中心になりそうですよ。
さあ、中編4巻からはまたヒートアップ♪期待してます。
Posted by ゆうり at 2007年08月26日 01:23
miyaさん
ハーちゃんのモノマネ!!このころから既にはじまっていたのですね、ロンのモノマネ人生。ヘビ語まで習得しちゃうのですから、モノマネもバカにできませんね。ありがとうございます!

キングさん
1巻から既に!?キングさんすごいです。そして、2巻で確信ですね。とっても鈍い私ですが、4巻読んだあと2巻を読むと、もうハー命ロンが満載でした。好きな女の子をからかうなんて、小学生男子の典型ですが、これをこんなに面白おかしく表現できるローリングさんて、すごいです。

ゆうりさん
ゆうりさんは2巻から!?みなさん勘が鋭いですねー。感心。
確かに、ハーマイオニーは”面食い”ですよね。BUT!ロンも負けず劣らず”面食い”。マダムロスメルタに始まり、フラーとか。似たもの夫婦ですね♪
3巻の手紙を読むと、休み中の二人のやりとりをいろいろ妄想できて、楽しいです。ムフ。
ゆうりさんも、ロンハーに毒されてきているようで、嬉しいです(おい)。
Posted by はなっぺ at 2007年08月26日 07:06
私はロンハーも好きだけどハリジニファンです!!どちらも好きですけどね。個性的ですし・・・。ロンハーにはハリジニと違う愛を感じます。
Posted by あい at 2007年08月26日 10:07
ロンハーまとめ、1巻からやってくださるとは!感謝感激です。
私は2巻でロンハーに気付きましたが、1巻からこんなにたくさんのロンハーがあったことに驚きです。ロックハートにヤキモチをやくロン、かわいすぎです。
さすがはなっぺさん!細かい描写も見逃していませんね。
無理せずに、中編・後編またお願いします。
Posted by カナリア at 2007年08月26日 10:13
おはよ〜ございます!(でもないか・・・)
おお!待ちに待ったロンハーですね!
1巻からというと感慨深いですね〜・・・
あの頃は11歳だったのね〜・・・。。おっきくなったなあ。

ついでに私は、ロンハー好きなのに自分ではまっっったく気づきませんでした!(汗
すでに5巻を読んだあと、ファンサイトさんとかまわってて気づいたんですよ〜・・・;;笑
だから、5巻までロンハーに悶える楽しみを損したなあって思っちゃいます。笑
Posted by ゆか at 2007年08月26日 10:33
7巻ロンハーまとめにしては時間がかかっていると思ったら、こんな大作を(笑)!

7巻既読前提で読むと1巻からしっかりロンハーをちりばめてあるどころか、7巻ロンハーの伏線まで仕込んであるんですからねぇ(笑)。それにしても1巻からロンハー基本パターンは変わりませんね。すなわち「ロンがハーマイオニーにひどいことを言う/する→ハーマイオニーが傷付く→事件が起こる→何とか仲直りする」いずれにせよ、ロンがハーマイオニーを傷付けることでロンハーのゴタゴタ(笑)が始まることは変わりません(苦笑)。
Posted by Alchemist at 2007年08月26日 11:06
素晴らしいまとめです!!有難うございます!
いつからロンハー好きになったか忘れてしまったのですが、かなり初期の頃から注目していました。1巻か…2巻かな?
ひとつ読むごとに懐かしさで胸がいっぱいになりました。注目ポイントがはなっぺさんと一緒のようで嬉しいです♪
7巻でこんなふうになるなんて本当に本当に、夢のようですね!
特に"Are you a witch/wizard..."の台詞が1巻と7巻で繋がっていたとは!感動です。。
ハリジニも、2巻から応援してたんですけどね♪
全巻読み直したくなってきてしまいました(笑)
Posted by nix at 2007年08月26日 18:32
何度も失礼します。タイトルがまとめ→愛のメモリーに変わっていてニヤけてしまいました♪♪♪
ロンもよく考えたら面食いですねぇ!確かに似たもの夫婦です。結婚してからもそれがケンカの火種になったりして…なんて思ってしまいました!
Posted by ゆうり at 2007年08月26日 22:42
あいさん
6巻からハリジニになりました。ハリジニもいいですよね!

カナリアさん
1巻から、結構な量のロンハーがありました。しかも定番中の定番が。ロンハー探しをはじめると、楽しくてやめられなくなります。

ゆかさん
おぉ!わたしよりも気付くのが遅い方がいて、ちょっと安心。そうなんですよ、わたしも1回目の4巻読書のときに気付いたので、YuleBallまではロンハー萌えをたくさん読み逃していて、勿体ないことをしました。
なので、今読み直し中です。4巻のあまりのロンハーの多さに驚いてます。

Alchemistさん
Alchemistさんに、1巻と7巻のつながりを教えてもらってから、どうしても1巻から読み返したくなってしまったんですよぉ、あは。なので、Alchemistさんの責任です(おい)。
そうですね、1巻からすでにロンハーの典型ができあがってますね♪

nixさん
1巻読んでいて、ハリーとロンの出会いのシーンとか、あまりに懐かしくて、二人とも初々しくて、自然と顔がほころびました。なんだか、初心に戻った気分になれて、読み直すのって悪くないなと、思いました。
1巻と7巻のつながり、ニヤリとしてしまいますよね。

ゆうりさん
あは、気付きました?愛のメモリーに変更しちゃいました。
ハリポタって、読み返してみると、ハリーの成長物語の裏に、スネイプ、そしてロンハーも同時進行していることに気付きます。
Posted by はなっぺ at 2007年08月26日 23:08
こんばんは!はじめまして。
原書日記を最初の方から読んでいたのですが、ずっとロムってばかりいたので、今回思い切って書き込むことにしました!
7巻の原書日記、はなっぺさんの文章を読んでいるだけでも涙が出てくるほど感動しました!
しかもローリングさんのインタビューやロンハーの愛のメモリーまで・・・!
はなっぺさんの日記にはこれ以上ないほど萌えさせていただいています!
後編も楽しみにしています!
すでにご存知かもしれませんが、ロンハー絵描きさん(外国の方です)でオススメの方がいらっしゃるのでURLをホームページアドレスの方に載せさせていただきました!
7巻のあの名シーンも描かれていてオススメです!
初の書き込みにもかかわらず、長文失礼いたしました!
これからも応援しますね!
Posted by ありあ at 2007年08月27日 21:54
ありあさん
はじめまして!ブログをとても楽しんでいただけているようで、嬉しいです。ロンハーメモリーは、更新の早さがゆっくりになってしまいますが、気長に待っていてください。

素晴らしい海外イラストサイトを紹介していただき、ありがとうございます!!もう、すばらしいですね!興奮してしまいました。ロンハーの1巻からの名場面がたくさん!他の名場面もあったので、これからじっくり見て回ろうと思います。
Posted by はなっぺ at 2007年08月28日 06:22
結婚指輪 婚約 グッチ gucci http://www.shoppingfordarejp.pw/
Posted by グッチ gucci at 2013年08月12日 14:53
人気通販
Posted by 激安ファッション通販 at 2013年09月13日 10:16
実印 作成
Posted by スタンプ 作成 at 2013年09月13日 10:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52723216
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。