HANAPOTA blog

はなぽた』のブログへようこそ!
ゲームの話や日々興味のあることを書き連ねています。
ハリポタ7巻完全ネタバレしておりますので、ご注意ください。

2008年07月18日

闇の守り人(精霊の守り人シリーズ)

土曜日朝9時からやっているアニメにはまり、『精霊の守り人』の原作も読んでみました。
ファンタジー系が好きな方の間ではかなり有名な本ですよね。
---Amazonの紹介文抜粋
30歳の女用心棒バルサを主人公に、人の世界と精霊の世界を描いたハイファンタジー。野間児童文芸賞新人賞・産経児童出版文化賞・ニッポン放送賞・路傍の石文学賞を受賞した作品で、『闇の守り人』『夢の守り人』『神の守り人(来訪編)』『神の守り人(帰還編)』と続く「守り人」シリーズの第1弾。

100 年に一度卵を産む精霊〈水の守り手ニュンガ・ロ・イム〉に卵を産みつけられ、〈精霊の守り人〉としての運命を背負わされた新ヨゴ皇国の第二王子チャグム。母妃からチャグムを託された女用心棒バルサは、チャグムに憑いたモノを疎ましく思う父王と、チャグムの身体の中にある卵を食らおうと狙う幻獣ラルンガ、ふたつの死の手から彼を守って逃げることになるのだが・・・

水の守り手とは何なのか? 夏至祭りに隠された秘密とは? 多くの謎を秘めて、物語は人間の住む世界「サグ」と精霊の住む「ナユグ」の問題へと発展していく。精霊世界の存在や先住民族ヤクーの民間伝承など、古代アジアを思わせる世界の記述の細かさ、確かさは、文化人類学者である作者ならでは。

バルサを筆頭に、みずからの運命を呪いながらも逞しく成長していくチャグム、おてんばバアサンの呪術師トロガイ、バルサの幼馴染みのタンダなど、登場人物のキャラクター設定には魅力があふれている。オトナの純愛物語、少年の成長物語としても深い味わいを残す本書は、子どもたちだけのものにしておくには惜しい1冊。(小山由絵)
---
まず、主人公が30歳という中年手前の女性というところが面白いですよね。
私自身、今年31歳なので非常に感情移入できました。もうバルサがかっこいいんですよ。
バルサの幼馴染である薬師のタンダとの微妙な関係も読んでいて楽しめたし、満足できました。
ただ、やはり子供向けな感じがしましたね。
それに、本よりアニメの方がチャグムのいろいろなエピソードが加えられていて好きです。
個人的には、精霊の守り人の次の『闇の守り人』が数百倍面白かったです。こちらのほうが大人向けですね。
---簡単な内容説明
バルサが故郷に戻り、養父ジグロにひどい汚名が着せられていることを知ります。そして、その裏には国をゆるがすような恐ろしい陰謀がうずまいていたのです。
---
途中で止められないドキドキハラハラ。そして、読後のすかっと爽快感がたまりません。
あいかわらず、バルサがかっこよすぎて、女でもほれちゃいます。
わたし、今まで誤解されたり辛い思いをしてきた人が最後で大逆転するような話が大好きなんですね。
なので、この『闇の守り人』は久々のヒットでした。

この記事へのコメント
こんばんわ〜〜〜〜わ〜〜〜
私も読みました!!
私は「流れ行く者」から読んで、その後「精霊・・」に・・。やっぱり「闇の守り人」がすごく良かったです。もう、切なくて切なくて・・・。まだシリーズ最後まで読んでないので、しばらく楽しみたいと思います!!
Posted by kuku at 2008年07月19日 21:54
kukuさん
kukuさんもお読みになったんですね。面白いですよね!
すぐに『夢の守り人』も読みたかったのですが、来週はハリポタ7巻発売なので、少し読書を控えようと我慢しています。
ハリポタ読み終わったら、守り人シリーズ読んでいきたいです。
流れ行く者も読んでみます!
Posted by はなっぺ at 2008年07月20日 06:38
精霊の守り人の漫画版は読んでます。
ってバルサって30歳だったんすか!?
全然知らなかった…
惹かれるものを感じたので原作チェックしてみます!
Posted by はじめ at 2008年07月20日 07:56
はじめさん
精霊の守り人って漫画も出てるんですね。そうですよぉ、バルサは30歳なのです。いまどきめずらしく、結構な妙齢ですよね。
Posted by はなっぺ at 2008年07月22日 20:41
はなっぺさん、こんばんは。

書店に行くと、ファンタジーの棚にある守り人シリーズには思いっきり呼ばれていますが(笑)、今のところ無視しています。しかし、呼ばれている以上、そのうち読むでしょう。

そういえば、作者の上橋菜穂子さんっていい名前というか、何となくこういう作品を書くのに相応しい名前という感じがします。そして、文化人類学者でもあって、作品のディテールがしっかりしているという話を聞きます。

それにしても、外伝を除いても10冊もあると、暫くは楽しめそうです。文庫版もはやく全部出してくれないかなぁ。
Posted by Alchemist at 2008年08月08日 20:28
連続投稿失礼します。
というわけで、今現在は歯の治療をしていて金銭的に厳しいので、とりあえず図書館を利用してみようかと思います。でも、面白かったら買ってしまうんだろうな…。
Posted by Alchemist at 2008年08月09日 16:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。