HANAPOTA blog

はなぽた』のブログへようこそ!
ゲームの話や日々興味のあることを書き連ねています。
ハリポタ7巻完全ネタバレしておりますので、ご注意ください。

2008年08月26日

「講談社創業100周年記念出版 書き下ろし100冊」小野不由美さん新作!

桜さんのコメントを読んで知りました。桜さん、情報ありがとうございます!!

講談社BOOK倶楽部 新聞広告
CAXの日記「講談社創業100周年記念出版 書き下ろし100冊」

↑のCAXの日記というブログに、8月24日朝日新聞朝刊の広告内容が掲載されています。確かに、その中には”小野不由実”の名前が・・・!!!
うきゃぁーー!!
とうとう。。とうとう。。十二国記新作でしょうか!?期待してよいのですか?小野主上!
刊行期間は2008年11月から2010年11月までの2年間ということなので、すぐ出版されるとは限りませんが、とにかく、2年以内に小野さんの新作が読めることは間違いないようです。

2008年08月18日

氷と炎の歌4部『乱鴉の饗宴』読み終わりました


乱鴉の饗宴 上 氷と炎の歌 4

読み終わりました。

以下少しネタバレ

4部から訳者さんが新しくなり、大幅に人名、地名が変更され、最初はかなりとまどいましたが、読み進めていくうちになんとか慣れました。今までの方よりも、文体がやわらかく(?)なり読みやすくなった気がします。
面白かったことは面白かったのですが、あまり出来事に進展がなく、しかも、サーセイやジェイミー(ジェイム)、ブライエニー(ブリエンヌ)、サムウェルといった地味な大人の面々で物語がつむがれていくので、少し退屈でした。
わたしの大好きなデナーリス(デーナリス)やジョン・スノウ、ティリオンが出てこないのも、かなり痛かった。
この4部では、サーセイとジェイミーという完全無欠な双子の間に、じわじわと亀裂が入っていくことが一番のメインストーリーかな。
5部ではデナーリス中心の物語になるようなので、楽しみ!!
早く5部も訳してくれーー。
ところで。。。
ブライエニーが最後に叫んだ言葉は。。ジェイミー ですよね?

2008年08月12日

ワールド・デストラクション 〜導かれし意思〜 開発者さんへインタビュー!

「ワールド・デストラクション 〜導かれし意思〜 開発者さんへインタビュー!」

わたしがチェックしてるDS用RPG『ワールド・デストラクション 〜導かれし意思〜』のインタビューを発見。
おもしろそー。なんだか気分が盛り上がってきました。

ちなみに今は、DSソフト『マール王国の人形姫 天使が奏でる愛のうた』をプレイ中です♪
ほんと、最近DSばっかりやってます。

posted by はなっぺ
| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2008年08月01日

『The Tales of Beedle the Bard(吟遊詩人ビードルの物語)』が発売決定!

Alachemistさんからの情報です。ありがとうございます!
ハリポタ最終巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』の中で登場する魔法界のおとぎ話『The Tales of Beedle the Bard(吟遊詩人ビードルの物語)』が発売決定です!(ローリングさんの公式サイトより

UK版
US版
Amazon限定版

個人的には、原書をUS版で読んで挿絵が素敵だったので、ビードル物語もUS版にそそられるかなぁ。。
とにかく、7巻読んでビードル物語に興味がある人たちにとっては、うれしい大ニュースですね。

posted by はなっぺ
| Comment(4) | TrackBack(0) | ハリポタ関連
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。