HANAPOTA blog

はなぽた』のブログへようこそ!
ゲームの話や日々興味のあることを書き連ねています。
ハリポタ7巻完全ネタバレしておりますので、ご注意ください。

2008年06月30日

スピアトルーパーとC回路+1

やったーーーー!!!
一体何を叫んでいるのかというと、ゲームアーカイブスに追加されたゼノギアスをPSPでプレイしていて、ようやくお目当てのものがゲットできたからなんです。

ゼノギアスは3周ほどプレイしていたのですが、そのころは攻略なんて一切見ずに進めていたので、今回はアイテムコンプ、イベントコンプ目指してやろう!と意気込んでいるのです。
お世話になってる攻略サイト

最初の難関、ジャンケンバッジも無事ゲットしました。次の難関、出現率の低いスピアトルーパーが落とすC回路+1をゲットすべく悪戦苦闘。
約1時間プレイして、1匹のスピアトルーパーに遭遇するも、C回路+1は落とさず。
もういいやと、PSPの電源を落としましたが、目が冴えて眠れないので、性懲りもなくまたゲーム再開したら、しょっぱなからスピアトルーパーが出てきて、しかもC回路+1も落としてくれました!ラッキー♪
ちなみに、最初の1体はバルトのアジトの近くで、2体目はアヴェの近くだったので、砂漠の中ならどこでもランダムに出現するっぽいですね。
さて、先に進むぞ。

posted by はなっぺ
| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム

2008年06月26日

ゲームアーカイブスに『ゼノギアス』登場!

ゲームアーカイブスにわたしの愛すべき懐かしのRPG『ゼノギアス』が登場しました!
早速ダウンロードして、PSPで遊んでみました。
ロード時間も気にならないし、映像も音楽もその当時のまんまです!
PSPのHOMEボタンを押すと出てくる画面で、「その他設定」を選ぶと、ディスク読み込み速度を高速にできます。
なんとなーく、バトル突入時の画面切り替えが早くなったような気がします。
とにかく、名作中の名作ですので、プレイしたことのない方でPSPまたはPS3を持っていれば、ぜひダウンロードしてください!!
たったの600円でプレイできるなんてお得すぎですよ!

posted by はなっぺ
| Comment(7) | TrackBack(0) | ゲーム

2008年06月20日

ラストフレンズ最終回

ラストフレンズ、最終回終わっちゃいましたね。
もう、瑠可とタケルに会えないのかと思うと寂しー。
でも、最終回では、これでもか!というほど瑠可とタケルのツーショット+いい雰囲気が見れたので、満足してます。
正直、最後はミチルも3人で住むことになり、お邪魔虫に感じたのですが、ルカにとってはその方が幸せだろうし、めでたしめでたしですね。

ただ、エリにオグリンはふさわしくない!!オグリンみたいな男、絶対いやだーーー。
あとあと、ミチルをいじめていた美容師時代の同僚のDV被害はどうなったんだろ?単に、今はDVは身近にあるのよ、と言いたかったのだろか。

そうそう、ドラマ『ラスト・フレンズ』に関する記事で、非常に同感だったのものがあったのでご紹介。
ドラマ「ラスト・フレンズ」 旬の役者の葛藤重なる

posted by はなっぺ
| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・テレビ

2008年06月19日

ドラマ『ラスト・フレンズ』クランクアップ!

今朝のめざましテレビで、ラストフレンズのクランクアップの様子が流されてましたね!
みんなめちゃくちゃ仲良さそうで、樹里ちゃん、瑛太、長澤まさみちゃんの3人が抱き合っているのが印象的でした。
上野樹里ちゃんの公式サイトでも、ラストフレンズのクランクアップの写真が公開されてました!!瑛太とのツーショットもあって、ドラマの瑠可とタケルが大好きなわたしには、たまらん!!

ドラマが終わったら何したい?の質問で、
瑛太は「3人で飲みにいきたい」
長澤まさみちゃんは「3人で○○に行きたい(なんだったか忘れた)」
と言っていたのに、樹里ちゃんだけ、「モトクロスバイクに挑戦したいマウンテンバイクを買いたい」だったところが、本当にドラマの中の3人のようで微笑ましかったです。
あぁ、こんなにはまったドラマは久しぶりなので、今日の最終回が楽しみなような寂しいような。。
先週の最終章では、宗佑(錦戸亮)の演技の見事さに涙まで流してしまいましたが、この最終回は号泣しそうな気がする。あぁ、どうなるんだろ。絶対どんなことがあっても見るぞ!!

posted by はなっぺ
| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・映画・テレビ

2008年06月17日

『ワイルドアームズ』でおなじみのメディア・ビジョンの新作DS用RPG『Riz-Zoawd』

気になるゲームチェック!
童話『オズの魔法使い』を題材したRPG。開発は、人気RPGとして名高い『ワイルドアームズ』でおなじみのメディア・ビジョン エンタテインメント。プレイヤーは主人公の少女ドロシーとなり、愛犬トトを始めとした仲間と魔法の国を冒険することになるらしい。

『Riz-Zoawd』公式サイト
ディースリー・パブリッシャーが放つ新作RPG『RIZ-ZOAWD(リゾード)』
雑誌スキャン画像

最近のDSはすごいなぁ。女性も楽しめそうなRPGがいっぱいリリースされますね。

posted by はなっぺ
| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2008年06月12日

ハリー・ポッター新作短編公開!

Alchemistさんからの情報です。
以前紹介したローリングさんのハリポタ新作短編が書かれたポストカードの内容が公開されました。
Waterstone's - What's Your Story?
※Amazonでのポストカードのページ
Whats Your Story Postcard Collection (ペーパーバック)

しかし!!ローリングさんの字全然読めません。
非常にありがたいことに、ポッターマニアさんがトランスクリプトを掲載してくれています。
早速、会社に印刷して持っていって読んでみます♪

Alchemistさん、いつも非常に貴重な情報ありがとうございます!!
以下、Alchemistさんの記事抜粋
---
日本時間6月11日午後3時頃(多分)オンラインで新作短編が公開されました。事前情報の通り、ハリーが生まれる3年前の「事件」でジェームズとシリウスがフィーチャーされています。カードの両面にびっしり書かれたローリングさんの手書き文字は、英語ネイティヴでも判読に苦労している人もいるようです(非ネイティヴである私は当然苦労しました)。「ホームページアドレス」のところにサイトのURLを入れておくので、そこから見に行ってください(フラッシュで作られています)。ジェームズもシリウスもいかにも、という感じですが、子世代で譬えると、やっぱり双子という感じですね。

posted by はなっぺ
| Comment(6) | TrackBack(0) | ハリポタ関連

2008年06月07日

東野圭吾『片想い』とドラマ『ラスト・フレンズ』

ドラマ『ラスト・フレンズ』にはまっていることもあり、性同一性障害をテーマとしている東野圭吾さんの『片想い』を読みました。

主人公はフリーライターをしている西脇哲朗。大学時代のラグビー部のマネージャーであった美月が数年ぶりに彼の前に現れた。驚いたことに彼女は男になっていた。
殺人を犯してしまったと告白した美月をかくまうため、哲朗と彼の妻理紗子(美月の親友)と美月の奇妙な同居生活が始まる。。

読み終わっての感想は、面白い!やっぱり東野圭吾さん、たくさんの伏線をちりばめて、じわじわと衝撃の真実を明らかにしていく手腕がおみごと!
また、ドラマ『ラスト・フレンズ』とリンクしている部分がたくさんありびっくりしました。もしかして、この本からインスピレーションを得て、あのドラマはできたんじゃないかしら。まぁ、こういう性同一性障害の話は他に読んだことがないので、何とも言えませんが。
でも、もしこの本をベースにしているとしたら、最終回はかーなーり、ブルーブルーな展開になりそうですね。わたしの大好きなタケルが・・・!?あぁ、ラストフレンズのことが気になって仕方ない。
ラストフレンズにはまっている方は、ぜひ東野圭吾さんの『片想い』読んでみてください。

2008年06月06日

ラストフレンズにはまってます。

ドラマ『ラスト・フレンズ』にはまりまくってます。
最初は瑠可(上野樹里)のかっこよさに惚れて、女でも瑠可なら好きになっちゃうー、なんてあぶない路線だったのですが、今はタケル(瑛太)にどっぷりです。
もうもうタケルかっこいいよーーー。わたしも、あんな風にタケルに抱きしめてもらいたいーー。
正直、美知留(長澤まさみ)はどうでもいいので、瑠可とタケルに幸せになってもらいたい!もちろん、恋人になるという意味ではなく、ずっと深い絆でつながっていてほしい。美知留とタケルがくっついたらイヤだよーーー。

それにしても、前回の
「おれは瑠可が好きだ!
人間としてか女としてかなんてきくなよ、俺にだってよくわかんないんだから。
でも、俺は瑠可を支えたい。
瑠可がどんな風に変わっていくとしても、それをそばで見続けたいんだ。瑠可を見失いたくないんだよ!」
というタケルの告白はさいこーだった!!

以上、どうしても叫びたくなって投稿しました。

posted by はなっぺ
| Comment(4) | TrackBack(0) | 本・映画・テレビ

2008年06月04日

バテン・カイトス2クリア♪

今更ながら、バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子をクリアしました。
前作のバテンカイトスが大好きだったので、ずっとプレイしてみたいと思ってたんですよね。(ゲームレビューはこちら)。
サイトにアップしたゲームレビューをそのまま載せます。
---
<概要>
前作バテンカイトスより20年前の帝国アルファルドから物語は始まります。
主人公達が現代と過去を往来し、前作では最大の敵だったマルペルシュロの秘密を解き明かしていきます。
前作をやっている方には、おなじみのキャラがたくさん出てきくるので、1をプレイしていれば2は絶対プレイすべきです。
イベントはフルボイス、コレクション要素あり。
詳しくは公式HP

<ビジュアル>
3D。グラフィック派手ではないですが、色彩鮮やかで大変美しいです。ただし、ムービーは前作に比べて大幅にしょぼくなっていて残念。

<操作性・バトル>
バトルシステムは前作から変更されています。前作は戦闘参加キャラそれぞれのデッキを組むようになっていましたが、今作は3人で一つのデッキを使います。ですので、デッキのカスタマイズが楽でした。詳しくはこちらの公式HPを参照。
バトルシステム自体は、今作の方がほどよく頭を使い面白かったのですが、敵が硬すぎる!!雑魚でも倒すのに時間がかかり、死んでしまうこともよくありました。そのためか戦闘難易度をイージーに設定できますが、イージーでもわたしには敵が強く感じました。
今回一番ハマッたシステムはEXコンボ!出すカードの順番を覚えて、戦闘でその通りカードを出せると、EXコンボが決まり非常に爽快でした。
気になった点は、物を押す操作をするとき、判定が微妙。何度押しても全然動かなかったり、体がするっと滑ったり、ほんとにイライラしました。また、ラストダンジョンで、こころの翼ダッシュをするときの判定もかなり厳しく、コントローラを投げそうになりました。

<キャラクター>
キャラデザは前作同様、日暮央さん!ほんとーーにため息が出るほど美しいです。顔グラフィックのパターンが非常に豊富で、派手なムービーがなくても感情移入できますよ。
今作は戦闘キャラはサギ、ミリィ、ギロの3人で固定。
主人公サギとヒロインのミリィがいまいち好きになれませんでした。だってマザコンとファザコンなんですもん。それに、最後は非常に盛り上がりますが、そこに行くまでにドキドキするようなラブエピソード全くないし。
でも、サギに常に寄り添い、口は悪いけど根は優しい不思議な人形ギロはとても良い味だしてました。ギロのおかげで、バテンカイトス2は面白くなったといっても過言ではない。
敵キャラはもう少し掘り下げてほしかった。

<感想>
前作をプレイしている方は、必ずプレイしましょう。まず、マルペルシュロの秘密に衝撃を受けます。そして、ギバリとレイドカーン王の深い信頼関係、サヴィナの過去、リュードの両親の出会いなど、前作ファンにたまらないエピソードがこれでもかと出てきます。
ただ、バグが多く、敵が強すぎるのは覚悟しておいた方がいいかも。バグに関しては、任天堂に送れば、DISCを交換してもらえます。

posted by はなっぺ
| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。